things by J Magazine
things by J で扱っている商品のことや、キャンプのあれこれを綴っているブログです
キャンプ日記

お座敷スタイルで快適キャンプ

お座敷スタイルで快適キャンプ

色々と試行錯誤を繰り返してきたお座敷スタイル。

やっと設営方法が落ち着いてきたのでご紹介します。

基本的に、靴を脱いで寛ぐのが好きなので、テント内のリビングスペースは季節を問わずお座敷スタイル。

そこに床座の時はクッションを、椅子座の時はチェアを持って行きます。

ただ、床座りだと大人は腰が痛くなってきたので最近はお座敷の上に椅子を置くことが多くなりました。

椅子を置かなければ本当に広々と使えるので、お座敷スタイルは子供にも優しくてファミキャン向けだと思います。

それでは、お座敷スタイルの設置手順⇩

お座敷スタイルで快適キャンプ

まず、リビングスペースの地面の上に厚手のシルバーシート(2.7m×3.6m)を広げ、(ストーブを置くのでサイドのどちらかに寄せてます)

その上にオールウェザーブランケットを広げます(寛ぎスペースを中心に)。

オールウェザーブランケットはアルミ面を下に向けたらいいのか上に向けたらいいのかいまだに正解がよくわからず・・・、この時は上に向けてます。

さらにその上にキャプテンスタッグのクッションフロアを広げ、

お座敷スタイルキャンプ

最後にIKEAのTIPHEDEラグを2枚並べたら床の完成。

お座敷スタイルで快適キャンプ

ラグが敷かれると一気にリビングっぽくなります。

お座敷スタイルで快適キャンプ

シルバーシートの端は立ち上げたいので予め少し残しておき、家具類を配置しながら固定していきます。

使うのはピンチ。無印を愛用中。

角は折ってピンチで固定。

お座敷スタイルキャンプ

チェアの脚は太くてピンチでは挟めないので、アウトドア用のフッククリップを使いました。(シートの固定用に使っているのでこの椅子は動かせません。ソファだと思って座る。笑)

次回は無印の物干し用のクリップ↓を試してみます。

こんな感じで数か所シルバーシートの端を立ち上げてギアを配置していけばお座敷スタイルの完成です。

リビングスペースの片側は土間にして冬場はストーブを配置。

夜間の出入りも土間側のサイドから。

お座敷スタイルで快適キャンプ

快適な居住空間の出来上がり。

あっという間にリビングスペースは物でいっぱいに。

ちなみに、このお座敷スタイル、寛ぎスペースにはマットやシートが重なっていますが真冬の冷気は完全には遮断できません。

ホットカーペットがあれば万全だと思いますが、今のところは室内用のスリッパや靴下カイロで足の冷え対策をしています。

靴下カイロの防寒力はすごいのでおすすめ。

参考までに、最近愛用している家具類:

・テーブル: フィールドアのバンブーテーブル60×60㎝ ×2

・キッチンテーブル: Hilanderのウッドロールトップテーブル

・棚類: コーナンラックワイド2段、ユニフレームのフィールドラック(昔買ったのでステンレス)

今ステンレスのフィールドラックを買うとしたらキャンピングムーンになるのかな。

・コンテナボックス: 無印 頑丈収納ボックス 大 ×2

・チェア: ニトリ(2021年に購入)×3

・ゴミ箱: ゴミ袋スタンド+タープバッグ things by J で扱っている商品です。

ゴミ袋スタンド

楽天市場 Yahoo

タープバッグ M

楽天市場 Yahoo

・ジャグスタンド: イケア VILDAPEL プラントスタンド

・ポータブルバッテリー 家具じゃないけど必需品!

・照明 これも大事! ベアボーンズのビーコンライト ×2

ティッシュケース things by J のオリジナル商品です

帆布ティッシュケース

things by J オリジナル ティッシュケース
楽天市場 ⇨YAHOO

また細かなグッズについてもご紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村のランキングに参加しています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。